FC2ブログ

記事一覧

友の死

題名の通り、友人の訃報が届いた。
しかも自分よりも若い友人。
まだ30代…

彼女とは、常に連絡を取り合っているような仲ではなかったけれど。
それでも家族ぐるみの友人だったし、ウチが今の地で生活出来る基盤を差し伸べてくれた人だった。

ここの地区が良いよ
他にも同じ事を考えて移住してきてる家族が何家族もいるよ
助け合ってみんなで楽しく過ごしているから、一緒に!

そう言ってくれた人。
そして本当に受け入れてくれた人。

移住後すぐに他の方に会わせてくれたりして、交友関係を広げてくれた。

そんな友人が、去年ガンになって…医学的な治療はしない事を選択した。

自然派の彼女は、自然の力で治す事にきめた。
免疫力を高めたり、腸内環境を整えたり…
健康は腸で決まるとかも聞くしね。

抗がん剤を体内に入れたら、腸内の細胞が死んでしまうと。
体に良いと言われる事は、ほぼやっていたんじゃないかな。

それでも体は負けてしまった…。
発覚から一年ちょっと。
後半は関東の実家に戻っていたので、そんな状態になっていたなんて誰も知らなかった。

それが良いのか、悪いのか、分からない。
自分で決めた事をやり抜いて、人生を終えたのだから。
でも残された家族はどうなんだろう…。

葬儀には出席できなかったので、週末を使って彼女に会ってきた。
こっちの友達がみんな、関東で眠っている彼女に会いに行った。
それ事実だけでも、彼女の人柄が表れている。

旦那さんから聞いた話だと、彼女は最後まで治す気だったと。
薬を使ったら治らないと、痛み止めすら一番弱い物を数回しか使用していなかったらしい。
亡くなる数週間前まで「痛い」とも言わなかったと。

ポツリポツリと語る旦那さんの言葉は、重かった。
でも彼女への思いが滲み出ているような言葉だった。

この事が起きてから、自分もしばらく何も手につかなくて。
色んな衝撃に、気持ちがついていかなかった。

やっぱり抗がん剤しないとダメじゃん!
思いを貫けたんだね
痛かったでしょ?
子供の成長、見たかっただろうに…
旦那さんが看病してくれたなんて、良かったね
でも旦那さんがもっとしっかりしてたら、そもそもガンにならなかったんじゃ?

色んな思いがよぎって…
思いを残しておきたいのに、残す気も起きず、日にちだけが経ってしまった。

うまく残す事もできないけれど。
まとまりもないけれど。

ありがとう。お疲れ様。

ちょっとここに書き留めておきます。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 切ないですね。

優しいお言葉、ありがとうございます。
記事読ませていただきました。
今更それにコメントしても良いものか分からず、何も残してきませんでしたが…。
深い言葉が散りばめられていて、お二人の心を考えてしまいました。
あそこで語りあったんですね。

友人も漢方も使っていました。
盲目的に…。

抗がん剤は悪と言う気持ちもわかるけれど。
生きる為にはそれも視野に入れて欲しかったな、なんて思ってみたり。
どれが正解かわかりませんけどね。

友人は家族みんなに大切に看病してもらい、旅立っていきました。
きっと幸せな時間を過ごせた事と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

swan_port

Author:swan_port
晴れの国!岡山県に移住した
スワンの雑記です。
移住しても楽しい生活を目指してます。
その他、原田病闘病記録や化学物質過敏症関係などなど。

移住前後のギャップや良い事・困った事など、順にアップしていきます!
発症率20万人に1人と言われる原田病に
ついてもアップされている数少ないブログです☆
お問い合わせ等はメールフォームよりお気軽にどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム