FC2ブログ

記事一覧

フォークト・小柳・原田病⑦ ー 腰椎穿刺 ー

腰椎穿刺。
そう、ここに針を刺して、髄液を抜く検査ですよ。
腰椎穿刺
メッチャ怖いぃぃぃ!!
腰椎穿刺(ルンバール)
分かりやすいこのサイトを見ても、検査目的に原田病は入っていないけど笑

会社の上司と旦那に連絡するも
「まさかあの有名な痛い検査!?」って。
いや、多分それは骨髄穿刺。
軽く説明するも、誤解は解けない。
まあどっちでもいいからそのままにしておいた。

時間は刻々と迫ってくる。
検査室に行きたくない…けど行かねば…
仕方なく指定された場所にむかう。
逃げたいけど、目がこのままじゃどうにもならないしね。

検査の部屋は、ちょっとした個室のような場所だった。
腰椎穿刺のあと、ここで2時間横になって過ごすとか。
そこに神経内科の先生と、もう一人若い先生が現れた。
えっと…研修医さん…?
ベテラン先生が色々と指示を初めて…
「そう、そこから指1本分…そうそう…そのあたり…」
聞こえてくる会話に不安を感じる…

……もしかして、初ですか…?

誰にでも初はある。
それは仕方ないけれども!!
さすがに腰椎穿刺の初は怖いよー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

声かけは全てベテラン先生。
「髄液は一滴ずつ採取します。採血みたいにはいかないの」
「あなたくらいの体型だとあんまり抜けないから、最低限だけにするから」
なんと6ccを20分かけて抜くとの事…
検査室にも
「6ccしか抜けないから。え?無理無理。だから6ccで検査して」って電話してた。

結果的には麻酔がうまく効いてくれたので思ったより痛くはなかった。
先生が6ccを譲らなかったのと、丸まってる姿勢がキツかったくらいの記憶しか残っていない。
研修医の先生にいたっては、顔すら見てない(まあ見えないんだけどね笑)

色んな意味で精神的にドキドキしすぎて疲れた(´Д`*)
でもこれくらいの痛みで、若手のお役に立てたと思えば万々歳だわ。
検査自体は、そう思えるくらいの苦痛しかなった。

終わったあと、ベテラン先生からこう告げられる。
「終わったあと2時間はじっとしててね。じゃないと副作用の頭痛が起きるから。
副作用の頭痛が起きたら横になって。そしてお水を沢山飲んでね」

は!?水!?

「液を抜いてるから、脳を守るクッションが薄くなってるの。だから元に戻すには水分を補給」

えええー、髄液ってそんなモンなのー??
その時は、そう軽く考えていた。
まさか副作用の頭痛があんなに恐ろしいものだとは、想像もしていなかった…。

そして翌日より入院となる…。
恐ろしい程の頭痛(腰椎穿刺の副作用)を抱えながら。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 免疫の病気へ
にほんブログ村


コメント

繊細な・・・。

小さじ1杯強位の量ですよね。
6ccで20分ですか・・・。

添付のページ 読ませていただきました。
そんなにも 体の色々な病が分かるって すごい事ですよね。
それだけ 繊細な処置って事でもあるんでしょうに・・・。

うわわわわ そこを 神経内科の若手医師かぁ 怖いなぁ 嫌だなぁ 辛いなぁ
若手医師の技術向上の為には 仕方がない事も じゃないと 結局 困るのは・・・。
うわぁ でも できれば ベテランが・・・。

私は 脚の付け根の動脈の採血 ジュニア2年目の若手が担当してくれたんですけど・・・。
数度 顔面に蹴りを入れたくなりました。
(大人なので 我慢しましたが)

副作用・・・。
そんなに痛かったのですか・・・。
あぁぁぁぁ 続きが知りたいけど 怖い・・・。

Re: 繊細な・・・。

6ccにはびっくりしました。
それで20分も!?って。
「採血みたいにピューとは採れないから」
とも言われて、知らない事だらけでした。

動脈の採血ってすごい痛いって聞いたことがありますよ!!
それを…ひぃぃー!
腰椎穿刺は麻酔をするので、効いてしまえば誰がやっても大丈夫なのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

swan_port

Author:swan_port
晴れの国!岡山県に移住した
スワンの雑記です。
移住しても楽しい生活を目指してます。
その他、原田病闘病記録や化学物質過敏症関係などなど。

移住前後のギャップや良い事・困った事など、順にアップしていきます!
発症率20万人に1人と言われる原田病に
ついてもアップされている数少ないブログです☆
お問い合わせ等はメールフォームよりお気軽にどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサー1