FC2ブログ

記事一覧

フォークト・小柳・原田病⑥ ー 網膜剥離 ー

これ以降の順番は、腰椎穿刺まではよく覚えていない。

おそらく
 ①造影剤を使用しての眼底撮影
 ②神経内科の受診
 ③眼科再受診
 ④腰椎穿刺
だったと思う。

まー、ここからも大変だった。
甘く考えていた眼底撮影。
網膜

(私の眼底の写真ではありません)

検査自体は特に痛くも怖くもなかったが、まさかの造影剤アレルギー発動。
しかも時間差で蕁麻疹が出てきたから、神経内科受診時に痒い痒い。
幸い神経内科の受診は怖い事も痛い事もなく終わったけど、
「腰椎穿刺は日帰りで出来るから。15:30には検査室にきてね」と…。
うううっ…行きたくない…。

眼科に戻った時にアレルギーが出た件を伝えると
「抗アレルギー剤は眼圧を上げるから使えないのよねー」と…。
え!?メッチャ痒いんだけど!!
「だからこれで落ち着くかな?って薬を入れてみるわね」
マジかよ…って思いながら、今後の説明を受ける。

・原田病だと思われるけど、確定するには髄液検査が必要。
・その髄液に決まった型の遺伝子が出てくるかを確認する必要があるんだけど、結果が出るまで治療を待つ事は出来ない。
・原田病の治療はぶどう膜炎と同じで、ステロイド投薬
・大量のステロイドを投薬する「ステロイドパルス」をする必要があるから、すぐ入院
・入院期間はなんとも言えないけど、短くて2週間前後
・網膜に水が溜まって剥離を起こしているけど、原田病の網膜剥離はステロイドで治るから手術は不要

網膜剥離が起きてるから、見えないのか…。
どこがばい菌なんだよ…。

先生が病棟に電話をする。
「え?空いてない?ダメダメ、だって原田だから!原田!!」
そんなに強調しなくても(´Д`*)
でもね、あとで聞いた話によるとここの眼科は入院手術が数か月待ちなんだとか…。
そりゃすぐには空かないわな。

結局、翌日から婦人科の個室にひとまず入院することになった。
個室…料金がかかる…。
でも背に腹は代えられない…。
入院を了承し、簡単に手続き等の説明を受けた。
その頃には効くかわからなかった薬が効いて、蕁麻疹も消えていた。

そしてこの後には、最大の難関(この時点ではそうだと思っていた)の腰椎穿刺が待ち構えているのだった。

コメント

ステロイド投与ですか・・・。

うえぇ 抗アレルギー剤って眼圧あげるんですねぇ
網膜剥離って 手術じゃないと治らないのかと 勝手に思い込んでいました。
病気の種類によって 網膜剥離でも違うのですね。

義母が ぶどう膜炎の治療が終わり 今年の2月に白内障の手術したんですけど・・・。
最近 また 見えなくなってきてて あまりよくない感じなんだそうなんです。

私も激しい近眼と 最近は老眼もでてきてて 不自由してますが・・・。
眼は 本当にすごい重要な器官ですよね 。
そっか 神経系の塊なんですよね。
だから 腰椎穿刺に 神経内科・・・。
いやぁ 普段は 考えもしなかったですし 自分でも驚くほどに 知らない事だらけです。
改めて思いました。

Re: ステロイド投与ですか・・・。

私も病気になるまで知らない事だらけでした。
同じく網膜剥離に種類があるの!?って感じでしたもん。
そしてこれをきっかけに老眼が始まりましたi-229

義母様、大変ですね。見えないのはツライ…。
ウチの父親も白内障の手術の後、調子が悪くなりました。
手術してからの方が見えなくなってしまって…
目は一生使う器官なので、大事にしてあげなきゃですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

swan_port

Author:swan_port
晴れの国!岡山県に移住した
スワンの雑記です。
移住しても楽しい生活を目指してます。
その他、原田病闘病記録や化学物質過敏症関係などなど。

移住前後のギャップや良い事・困った事など、順にアップしていきます!
発症率20万人に1人と言われる原田病に
ついてもアップされている数少ないブログです☆
お問い合わせ等はメールフォームよりお気軽にどうぞ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサー1